属性剣or属性爪 ビーストナイトで使うならどっち?

みなさんこんにちわ。どぉもティスです!

属性剣は色々と調べ漁ってみたらグラディエータやサムライに多く使われているようです。反対に属性爪は爪を主体として立ち回る職にモンクがありますが、モンク自体が属性爪を使わず魔犬の手袋やチェドゥーロやアイスバーンなどの3倍型や毒型や凍結を用いたりする型(あまりモンク知らないです笑)が現在の主流ということもあり、あまり使われていないようです。ですがビーストナイトではミュエシールというパッシブスキルの特性上どちらもそつなく使いこなす事ができなくもない訳です。もちろん最大効率で使うことを考えた場合にはステータスの振り方なども影響はしてくるわけなんですが…

そこで今回は普通剣(属性剣)VS普通爪(属性爪)について考えてみたいと思います。ビーストナイトにはモンクにあるようなクローマスタリとかハイザにあるようなロッドマスタリなどという特定のステータスを底上げしてくれるようなパッシブスキルはありません。逆を言えばどんな武器でもその気になれば使えますよね。ただビーストナイトのスキルの多くは爪・剣装備時の場合と条件があったりします。それもあり現在でビーストナイトが扱う武器は主に普通剣(属性剣)や普通爪(属性爪)であったり特殊爪だったりします。

またSTR CRTは前提としながらもDEXに多く振分ける形とAGIに多く振分ける形でDEX型とAGI型のように呼ばれたりしています。その中でDEX型ならば普通剣(属性剣)。AGI型なら普通爪(属性爪)と分けられます。これにはステータスポイント+1に対するATK値の増加値が大きく影響しているためとも言えますよね。もう一度ステータスの上がり方の復習です!

剣はSTR1につきATK+3 DEX1につきATK+1

爪はSTR1につきATK+2 AGI1につきATK+2です。

この事から該当する2種のステータスに1ずつ振り分けた場合に増加するATK値は剣も爪も全く同じだということが分かると思います。こうなるとビーストナイトの場合は純粋に武器のプロパティにのみダメージが左右されると思って間違いないように思えます。

加えて変則的な使い方になりますが、DEX型で属性爪は使いにくい(全く振ってない分AGI1につきATK+2がないため)ですが、反対にAGI型であれば無理無理使う事もできなくはない(DEX1につきATK+1だから目を瞑れる範囲内と思えれば…)です。属性剣がありながら属性爪を使おう!という考えには至らないとは思いますが(笑)

また、兼ねてよりティスは爪型へ憧れを抱いておりました。今回の記事を機にステリセするつもりですがSTR CRT DEXの時の普通剣(属性剣)とSTR CRT AGIの時の普通爪(属性爪)では弱点属性を突ける同一のボスに対してシュネルファングのダメージやインパクトブローのダメージはどちらが上回るのか…これを体感的に検証していきたいと思います。

DEX型のメリット

まず属性剣を装備した場合のメリットについて整理してみたいと思います。

  1. モンティベレーでDEX1につきATK+0.75上昇します(例:DEX460の場合…ATK+345)
  2. モンティベレー◇◇を狙いやすい・入手しやすい
  3. シリウスエッジ装備時にATK値が増加します。
  4. DEXに振り分けた場合に命中が増加します。
  5. スキルディレイの確保に悩む事を減らせる

AGI型のメリット

次に属性爪を装備した場合のメリットについて整理してみたいと思います。

  1. 颯のスカーフでAGI1につきATK+0.75上昇します(例:AGI460の場合…ATK+345)
  2. AGIに振り分けた場合にAVD(回避)が上昇し、敵の物理攻撃を確率で避けることができます。これにより被クリティカル率も軽減します。
  3. 例外になりますが剣装備時に斥候の指輪でAGI1につきATK+0.75上昇します(例:AGI460の場合…ATK+345)
  4. ミンストレルの武人の歌の効果で更にAVDが上がります(振ってない時との差は雲泥の差)
  5. スキルディレイの確保に頭を悩まされる

それぞれのメリットを比較すると…

STR CRTをベースにした型ではDEXに振って命中が増加してもクリティカル率が十分にあると思われるため、ここに関しては無くてもどうということはないようにティスは思います。

しかしAGI型の場合にはDEX型では、そこまで気にしなくてもよかったスキルディレイに対して一定以上の対策が必要になってきます。タイラントエッジをあまり使わないのであればそこまで拘らなくてもいいとも思いますがどうせなら全スキル最速で使用したいですよね。けれどもAGI型にはAVD値だけを高めただけでは発生しない被クリティカル率の軽減が最も有効的と言えます。数値的にAVDを1500や2000にしてもAGIが1のままではボコボコとクリティカル攻撃を貰ってしまいます。AGIに実際に振ってこそ効果の現れる被クリティカル率軽減ですのでAGIに振る価値は大いにあります

検証に使用する装備

武器はミラーソード〇力の各属性とミラークロー〇敏の各属性を用意。若干武器のプロパティに差がありますがそこはそれぞれのステ振りの長所を活かすという狙いのもと判断した内容です。

検証にはDEX型とAGI型で分けて行います。そして体装備以降はこれらを使用します。

体はオーダーべロウ◇イデアウス。追加装備は紫陽花の帽子◇ロッサム。特殊装備は種神の加護石◇イデアウス◇イデアウスで行います。アルクリスタもAGIで…DEXでというプロパティがないため、現在のまま使用します

検証に用いるステ振り

DEX型

f:id:kenkun-blog:20200712165313j:image

STR 463 CRT 463 DEX 463 Rlb 100 残りVIT

 

AGI型

f:id:kenkun-blog:20200712203559j:image

STR 463 CRT 463 AGI 463 Rlb 100 残りVIT

 

ミラーシリーズが高く評価できる件

ビーストナイトに攻撃時に欲しいプロパティは沢山様々なものがありますがその中でもATK+属性のみです!武器に耐性は耐性装備で組むとして火力装備に耐性プロパティを組み込む必要はないと思います。バイトアタックにしてもシュネルファングにしてもインパクトブローにしてもスキルです!バイトアタックが発動する=ダブルアタックはONにしてある=他のオートスキルの抽選率は極端に(ほぼ無い)下がります。なのでオートスキルは不要です。

鍛冶屋で強化が行える属性爪の多くはATK+〇%というプロパティがないものが多いです。デフォルトで無いのですから今後どれだけ強化が重ねられようとも突然ATK+〇%というようなプロパティは付かないと推測した上で…

ミラークロー強すぎます!調べたところ4属性ならばミラークローで全て揃えられます(今更知りました)

以下にミラークローの詳細をコピペします。

ミラークロー炎敏 【爪】
ATK: 270
炎属性 ATK+15% 絶対・魔法回避+10% オートスキル発動+5% AGIがLvで少し増加
地属性に物理 +20% 火属性に物理 +10% ATK +15% 絶対回避 +10% 魔法回避 +10% オートスキル発動 +5% [X = 0.05 * Lv] [AGI up by X]

引用元:iruna online info

これは火属性爪ですが、他に同じプロパティで氷・地・雷とあります。この武器ひとつでATK+15%は他の属性爪にはない極めて高い性能だと言えます。まだ評価できる点があります。それは魔法耐性がマイナスされないところです。そしてこの敏タイプではレベルが420あればAGI+21の増加とATK+42が見込めます。他に【力 シリーズ】もありますが、STRが増加して物理威力が少し増加するよりも、【敏 シリーズ】の方がAVDも上がりATKも上がるため、爪型で持久戦に持ち込もうとする場合は力シリーズより有用的かなと思ったのです。

そしてミュエシールの絶対回避・魔法回避に更に乗っかる形で絶対回避・魔法回避+10%されます。これも長所を更に伸ばすことができ無駄がありませんよね。これを見ると当分長く使っていける属性爪なのではないでしょうか?

DEX型:ミラーソード氷力VSイライ

f:id:kenkun-blog:20200712170355p:image

スキルはウォークライ・オールラウンドを使用。バフアイテムにウォータドリンクを使用しました。

ミラーソード氷力は無精錬で◇クリスタもいれてない無垢なミラーソード氷力です。

シュネルファング

開幕シュネルファングの最大射程を取っての一撃のダメージは74万台が平均ダメージでした。

インパクトブロー

開幕直後から24万台を終盤までキープしていました

スラッシュネイル(ハイドアタック込)

24万9742ダメージでした。2発目以降はガタ落ちしますし、スラッシュネイルでダメージを削るスタイルでもないと判断し平均ダメージを導き出すのはやめました(笑)

バイトアタック

通常攻撃でダブルアタックが発生した時=ビーストナイトにおいてはバイトアタック。これが発生した時の平均ダメージは8万6000ダメージから8万7000ダメージでした。イライは序盤硬化があります。この時のダメージは約2000程でした。

AGI型:ミラークロー氷敏VSイライ

f:id:kenkun-blog:20200712170355p:image

スキルはウォークライ・オールラウンドを使用。バフアイテムにウォータドリンクを使用しました。

ミラークロー氷敏は無精錬で◇クリスタもいれてない無垢なミラークロー氷敏です。

シュネルファング

 

インパクトブロー

 

スラッシュネイル

 

バイトアタック

 

動画の方でも紹介しています

随時更新していきます

記事を書いている内に、ミラーソードとミラークローの存在を改めて知ったのもあり、それらを検証材料とすると、どちらも大きく変わらないのでは?と感じるようになってきました。突き詰めると最終的には追加装備や特殊装備部分で何をどう使うか。またビスナのスキルで爪と剣で性質が変化しますがどっちを好むのか、ここでDEX型とAGI型の違いが生まれてくるように思います。